Share

こんにちは、愛子Aikoです。

(Profile)

(About this Blog)

(Diet addiction& Bulimiaダイエット依存症と過食症について)

(Hypoglycemia & Sugar dependent私が低血糖症を克服した方法まとめ)

 

 

先日から、私がダイエット依存症と過食症だった頃の話や、克服した方法についてお話しています。

前回の記事:胃袋のベースを満腹から空腹へ戻したことで、食欲が安定した

 

さて今日は、食欲が安定し、痩せることに執着しなくても自然と太りづらくなった方法の1つをご紹介します。

 

 

 

■食べたいときは、我慢せず好きなものを食べるようにした

スイーツやパスタ、パン、ピザ、フライドポテトなど、これまで我慢してきた食べ物も、本当に食べたいときには我慢せず食べるようにしたことで、そういった食べ物への欲求が激減しました。

 

 

禁止されるとやりたくなるのは人の性ですが、それは自分で禁止したことでも同じです。「食べちゃダメ」と思っていると、必要以上に食べたくなるのです。「してもしなくてもいいよ」「食べても食べなくてもいいよ」とルールを緩めてあげれあば、自然と体に良い行動を取りたくなっていくものです。

 

 

摂取カロリーや糖質量がそれまでより増える分、やっぱり最初は太りました。嫌だな~という気持ちもありましたが、以前のような強烈なストレスや恐怖は感じませんでした。体重測定を止めていたので、明らかに太ったことを数字で突きつけられることがなく、ストレスを感じにくかったというのもあると思います。少しぽっちゃりしたな~という自覚はありましたが、敢えて気にしないようにして、我慢し過ぎず好きなものを食べる生活を続けていると、次第に前ほど甘い物やこってり系の炭水化物を欲さなくなり、食べる量も少しずつ減っていったのです。

 

 

 

■食と美を両方満喫できる、ベストバランスを確立した

最初は我慢せず心に従うことを優先し、けっこう好き放題食べていましたが、心と体の健康を取り戻してからは、少しずつ見た目のこともまた考えるようになりました。でも昔のようにストイックになり過ぎず、無理のない範囲で理想のスタイルを目指せています。それは、食と美を両方満喫できる、私にとってのベストバランスを確立したから。

 

今は大体ですが、1週間のうち、ヘルシーな食事5~6日、好き放題食べる日1~2日というバランスを保っています。私にはこのバランスが合っていますが、誰にでもベストというわけではないので、皆様それぞれ、ご自身の性格やライフスタイルに合ったバランスを探ってみてくださいね。自分にピッタリのバランスが保てれば、食欲も体型も安定しますから。

 

 

 

■ストレスが激減したので、食欲が安定し太りにくくなった

好きなものを我慢し過ぎず食べるようにしたことで、食欲が安定し、過食したいと思うことがどんどん減っていきました。そしてそれに伴い、太りにくくなりました。そのことでストレスが激減したため、『食べ物』にも『痩せること』にも依存することなく、前向きな気持ちでボディメイクに取り組めるようになりました。今では、食事を満喫しながら、楽しんで理想のスタイルを目指せています。

 

 

おわりに

今日も最後までご覧くださりありがとうございます! ではまた近々更新しますね!

 

(↑お友達と二人女子会でした @大阪)

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA