Share

こんにちは、愛子Aikoです。

(Profile)

(About this Blog)

(Diet addiction& Bulimiaダイエット依存症と過食症について)

(Hypoglycemia & Sugar dependent私が低血糖症を克服した方法まとめ)

 

先日から、私がダイエット依存症や過食症を克服した方法についてお話しています。

前回の記事:血糖値を安定させると、食欲も安定した!

 

では早速今日も、過食症克服に繋がった方法の1つをご紹介します。

 

 

胃袋のベースを満腹から空腹へ戻した

胃に食べ物が詰まった状態が当たり前になっていると、ちょっとでも消化が進めばすぐ「お腹が空いた」と感じるので、食べ過ぎてしまいやすくなります。また、ベースが満腹だから、空腹の状態が耐え難いほど辛く感じられます。過食していた頃の私はいつも、苦しいくらい満腹の状態か、空腹を我慢している(実際は空腹ではなくけどそう感じている)状態のどちらかでした。

 

思っている以上に消化活動って内臓に負担をかけるので、いつもお腹いっぱいでいるって、実はすごくしんどいはずなのです(それが当たり前になっていると気づきませんが)。体が重く頭も働かなくて、ダルいしやる気も出ないし「私って鬱かも」なんて思っちゃうんです。そして、それが胃腸を働かせ過ぎだからだとは気付かず、憂鬱な気分をなんとかしたくて、テンションを上げたくて、元気を出したくて、また食べてしまうのです。食べると手っ取り早く快楽を得られますからね。

 

当たり前の状態を満腹から空腹に戻したことで、私はすごく体が楽になりました。倦怠感や憂鬱を感じることも減ったので、それを誤魔化すために甘いものに手が伸びることもなくなりした。

 

 

ファスティングをして「空腹」の楽さを知った

ではどうやって、ベースを満腹から空腹に戻したのかと言うと、3日間ファスティングをしたのです。

 

そんなにきちんと行ったわけではありませんが、ネットで調べた方法を真似てやってみました。2日目の途中までは辛かったのですが、2日目の夕方頃、大人になってからは初めて感じるような体の軽さ、楽さを感じたのです。あのときの爽快感は、今でも忘れられません。

 

今は大体3ヶ月ごとに3日間のファスティング(しっかり行います)、食べ過ぎが続いたときに1日だけプチ断食(固形物を摂らないというだけの簡単な方法で)をして、身体をリセットしています。ファスティングの正しいやり方についてはあまり詳しくないので、割愛させていただきます。本やネットで調べてみてくださいね^^

 

 

お腹が空いていないときは食べないことにした

ファスティングで空腹の楽さを知った私が次にやって効果的だったこと、それは、お腹が空くまで食べないようにしたことです。ダイエットを始めた15歳の頃から長年私は、「規則正しく3食しっかり食べなければ」と、さほどお腹が空いていないときでも食事の時間になれば当たり前のように食べてきました。

 

でもそれを、止めたのです。

 

「食事を抜いたら太りやすくなる」「規則正しく3食食べるのが健康的」という、ずっと信じ込んできたダイエットの常識を無視して、食事の時間になろうとお腹が空いていなければ食べないことにしました。

 

そうすると、体もすごく楽になり、食べたいときに食べたいものを食べても太りにくくなったので、ストレスが激減しました。それまでストレスを紛らわすために過食してきましたが、倦怠感や憂鬱、『努力しているのに痩せない』という、心身のストレスから解放され、過食したいと思うこともなくなりました

 

 

体に良いものでも、食べたくないものは食べないことにした

お腹の状態なんて関係なく、規則正しく3食摂らなくてはと思い込んでいたとき、それと同じように、食べたくないものでも栄養があるものは食べなくてはいけないと、無理して食べていました。

 

でも、それも止めました。

 

どんなに体に良いと言われるものでも、食べたくなければ食べないことにしたのです。

 

すると、ある程度食べたいものを食べても太らなくなったし、食べたいものを食べられるから、大量に食べなくても適量で満足できるようになりました。そしてまたストレスが減り、そのおかげでさらに過食衝動が湧かなくなったのです。

 

 

 

空腹に慣れると、快楽のために食べることが自然と減る

空腹に慣れると、胃にたくさん食べ物が詰まっている状態をしんどく感じるようになります。

 

すると、なるべく楽に過ごしたいから、無駄に食べたくなくなるのです。それまでは、退屈なとき、虚しいときなどに、快楽を得るために食べてしまうこたが多かったけど、そんなことをして胃が重くなるのが嫌だと思うようになりました。

 

その分、今まで食べ物で埋めていた心の穴がポッカリ空いたままになるため、強烈な虚無感に襲われていた時期もあります。でもその度に自分が本当に求めているものは何なのかを突き詰め、心と向き合うことで、少しずつ、もっと健全な方法で自分を楽しませることができるようになっていきました。

 

【関連記事】

空腹がもたらす美容効果と、空腹時の注意点

好きなだけ食べても太らない人の正体

食べたいときに食べてスリムでいたいなら

 

 

おわりに

今日も最後までご覧くださりありがとうございます! まだまだお伝えしたいことがたーっくさんあるので、どんどん書いていきますね。ではまた近いうちに更新します^^

 

(↑お友達と二人女子会でした♡ @大阪)

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA