Share

こんにちは、愛子Aikoです。

(Profile)

(About this Blog)

(Diet addiction& Bulimiaダイエット依存症と過食症について)

(Hypoglycemia & Sugar dependent私が低血糖症を克服した方法まとめ)

 

これまで、過食症、糖質依存、ダイエット依存、低血糖症など、心身の不調を克服した経緯を綴ってきました。

そこで今日は私が「あぁ、過食症、治ったんだな~」と実感するのはどんなときなのかをお話します。

 

 

■私が「過食症」が治ったと実感するとき

私が「過食症」が治ったと実感するとき、それは、嫌なことがあったときです。昔の私は嫌なこと(特に自尊心が傷付くような)があると、必ず抗えないほどの強い過食衝動に襲われ、大量に食べていました。でも今は、嫌なことがあっても大量に食べたいとは思わなないのです。我慢しているのではなく、ショックな出来事と食欲が直結しなくなったから、過食したくならないのです。

 

別にメンタルが強くなったとは思っていません。今でも些細なことで傷付いたり自信を失ったりはします。でも、そういったストレスと過食衝動を繋いでいた糸のようなものを断ち切れたのだな~と感じています。生きていれば色々あります。もちろん楽しいこと、嬉しいこともたくさんありますが、傷付くこと、イライラすること、自信を失うことを、一切排除して生きていくのは難しいでしょう。それでも、その嫌な出来事によって大量に食べてしまい、脂肪だけ蓄えムダにお金を減らすということがなくなれば、大きな悩みが1つ無くなります。言い換えれば、過食症が治れば、二次被害をなくせるんです。

では、ショックな出来事と過食衝動を繋いでいた糸を、私がどうして切ることが出来たのか……。それにはたくさんの理由があるので、詳しくは(Diet addiction& Bulimiaダイエット依存症と過食症について)をご覧いただければと思うのですが、今日は効果的だったことの1つにフォーカスしてお話しますね。

 

 

■本当の意味で自分を甘やかしてあげられるようになった

先に言っちゃいますが、本当の意味で自分を甘やかしてあげられるようになたことによって、私の過食衝動はどんどん弱まり消えていったのだと思います。

 

 

いつだったか、昔の私なら絶対に過食していたなあと思うような、ショックな出来事がありました。

悲しいしムカつくし、惨めな気持ちと苛立ちと、何とも言えない感情を持て余しどうしていいかわからず、無性に体を動かしたくなって、1時間近くただひたすら歩きました。実はふらっとコンビニにも立ち寄ってみたのですが、やっぱり「食べたい」とは思わなくて、何も買わずすぐに出ました。

 

そして歩いている間中私はずっと

「愛ちゃん、よく頑張ってるね」

「えらい、えらい」

「愛ちゃん、きれいだよ」

なんて人には絶対に聞かせられないほど(書いてるけど 笑)自分を褒めまくりました(外なのでさすがに、心の中、時々口パクでしたが 笑)

 

 

そうして歩き終えたとき、心も体も軽くなっていて、「あぁ、本当に自分を甘やかすってこういうことだ~」と思ったのです。そのあと落ち着いた気持ちで、ちゃんと美味しく食事を頂きましたよ♡

 

落ち込んだとき、昔の私は「このままじゃ自分が可哀想だから今日くらい大量に食べよう」と思っていたし、それが自分を甘やかすことだと思っていたんです。でも今ならわかります。それって本当は、罰していたんだって。「今日くらい食べてもいい」と頭では思いながら「これでまた太っちゃうんだろうな」と心の奥では不安を感じ、そんなふうにしか傷を癒せない自分を責めて、数日後、案の定脂肪が増えた体を見て、「こんな自分大嫌い」って罵っていたのですから。

 

 

 

 

■過食したい気持ちが、嫌なことを引き寄せている?

嫌なことを紛らわすために食べて快楽を得るということを何度か繰り返すと、”嫌なこと””食べて得られる快楽”が、脳内でセットになります

人は快楽に対してどこまでも貪欲な生き物です。嫌なことなんて起きなければいいと思っているはずなのに、その後で与えられる強烈な快楽への欲求のほうが勝り、それを得たいがために、無意識のうちに傷付くような出来事を招いてしまうようになるのです。日頃ストイックに食事制限をされている方(体型のため、スポーツのためなど理由は問わず)は、特にこの傾向が強いと思います。大量に食べるためには、それを許可する理由がいるからです。そして”大量に食べるための理由”が、”傷付くこと”になってしまっているのです。なぜなら、意識的にか無意識のうちにかわかりませんが、傷付いたときだけは食べてもいいいことにしてしまっているから。

こうなってしまうと、負のループから抜け出せなくなっていくのです。

 

勘違いしてほしくないのですが、美味しいものを食べて嫌なことを忘れるという方法がダメなわけでも、歩くのが正解というわけでも決してありません。重要なのは、どんな甘やかし方をするかではなく、自分を甘やかすために何かしらをしているときに、本当に自分を労わってあげられているかです。食事中も食後も翌日も、一切罪悪感を持たず「あ~美味しかった。幸せ♡」と思えるのなら、それは自分を甘やかすということになりますし、体を動かしながら「私はダメだから、もっと頑張らないと」と思ってしまうなら、それは罰を与えていることになります。

 

ただ過食やダイエットのことで悩まれている方は、”嫌なこと””食べること”の繋がりを断ち切らないといけません。だから食べる以外の他の方法で、本当の意味で自分を甘やかしてあげましょう。そうできる術を、真剣に探してください。

 

 

 

例えば、

マッサージに行ったり

エステや美容室に行ったり

お散歩したり

漫画を読んだり

録画しておいたドラマを一気見したり

お料理したり掃除したり

とにかくたくさん寝てみたり……

 

あなたが心地良いと思えることを、見つけてくださいね。そしてどんな方法をとるにしても、自画自賛しまくることをお忘れなく♡(笑) これ、本当に効きますから! 最初は無理矢理でもいいんです。歩いたりお買い物したり毛布にくるまったり、好きなことをしながら、その間中呪文みたいに自分を肯定する言葉を唱えまくってください。そううちじんわり、必ず心に沁みてきますよ♡

 

 

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA